神山健治監督の『ひるね姫』Blu-ray化!9月13日に発売!

名前:名無しのオタコム

 神山健治監督のアニメ映画「ひるね姫~知らないワタシの物語~」が9月13日にBlu-ray/DVD化。価格は、特典ディスク付きの「Blu-ray スペシャル・エディション」(品番:VPXT-71535)が9,800円、BD本編のみの「Blu-ray スタンダード・エディション」(VPXT-71536)が5,800円、「DVD スタンダード・エディション」(VPBT-14620)が4,800円。発売・販売元はVAP。

 「東のエデン」、「精霊の守り人」、「攻殻機動隊 S.A.C.」を手掛けた神山健治監督が原作/脚本も務めたオリジナルアニメ映画。2020年、東京オリンピックの3日前を舞台に、岡山県の高校に通う主人公・森川ココネが、「現実」と「夢」を行き来しながら、家族の秘密を知っていく物語。

 フランスで開催された「アヌシー国際アニメーション映画祭」で上映されたほか、6月17日から中国で開催されている「上海国際映画祭」にパノラマ部門で出品。18日の上映で神山監督が登壇し、中国の映画配給決定が発表された。世界45の国と地域での映画配給も決定している。

 今作のためにスタジオ「シグナル・エムディ」が2014年に立ち上げられ、絵コンテ、作画のフルデジタル化を導入して制作作業の効率化を図るなど、新たな体制で臨んだ。企画制作は日本テレビ放送網。

 主人公の森川ココネを演じたのは、アニメ映画初参加となる高畑充希で、主題歌の「デイ・ドリーム・ビリーバー」も担当した。幼馴染のモリオ役は満島真之介、ココネの父親・モモタローは江口洋介。さらに、古田新太、高橋英樹、釘宮理恵、高木渉らが出演している。

 本編は110分。BDのスペシャルエディションと通常版の本編ディスクは共通で、映像は1080p ビスタサイズ、音声はリニアPCMステレオとDTS-HD Master Audio 5.1ch。

BDスペシャルエディションには、映像特典として、Huluオリジナル「エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~」や、完成披露舞台挨拶、ノンクレジットエンディングなどを収めた特典BDと、特製ブックレット2冊を同梱する。ジャケットは描き下ろしデザイン。購入者には先着で新規描き下ろしA3クリアポスターがプレゼントされる。BD/DVD通常版には、ブックレット(縮刷プレス)を同梱。

 BD/DVD購入者を対象とした、リリース記念イベントも9月16日14時から開催予定。神山健治監督らが登壇し、トークショーやサイン会を予定している。場所はHMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース。イベントの詳細は後日案内される。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1066138.html


バップ (2017-09-13)
売り上げランキング: 172